Aroma flow

アロマを生き方に変えるプラス1セミナー

コンセプト

 

 

 

私が、Aroma flowを立ち上げようと思ったのは、セラピストの孤独を知っているからです。

 

個人で経営している人はもちろんのこと、店舗や会社に属していても、トリートメントの際は閉ざされた個室のなかで、一人、お客様に向き合い、結果という評価をもらう日々。

 

それは「私、これでいいのかな・・」という、不安との戦いです。

 

私も駆け出しの時、不安ばかりで、ありとあらゆるセミナーに通いました。

 

もちろんその勉強が今の私を作っているのですが、10年以上の日々を費やして、無駄な事も沢山しました。

 

あなたは私と同じように10年かけて、素晴らしいセラピストになりたいですか?

 

明日のお客様に結果をだして喜んで欲しいのではないでしょうか?

 

そうですよね?

 

その為に、私の経験がアナタの役に立つはずです。

私ならアナタに「今」必要な事だけを伝えることができます。

 

知識不足が心配なら、解剖学や精油学の基礎を教えるスクールに戻るより、私と現場で結果につながる知識をつけましょう。

 

明日、お客様のカウンセリングやアドバイスに使える解剖学を知りましょう!

 

技術力は見直さなくていいですか?
腰は痛くないですか?手は痛くないですか?

それは職業病と思って諦めていませんか?

 

基礎のクラスでは習わなかった、背中がカチカチになっているお客様、体格のいいお客様に対して、スクールで習った同じ事をし続けたら、アナタは身体を痛めます。

 

現場で通用する身体の使い方があるのです。

 

基礎のスクールで習った時は、初めて人を触るアナタに、講師は言いたいことを半分も言えなかったはずです。

 

12年も実技指導してきた私は、基礎の技術が実際の現場で、まだまだ役に立たないことを知っています。

 

それは仕方がないのです。当時のあなたには精一杯だったから・・。

 

今、筋肉は見えていますか? ほぐし方はわかっていますか?

 

スクール卒業してから、技術力を更新していないなら、きっと今のあなたなら、さらにアップグレードできるはずです。

 

自分のサロンやお教室をもちたいと、思いませんか?
でも、経営の仕方がわからないのではないでしょうか・・

 

いえ、わからないことすら気がついていないのでは???

 

「大体、自分のトリートメントはこれ位の金額で・・」

「スクールで習ったトリートメントメニューで・・」

 

それは現場では通用しないのです。

 

コンサルタントにつくと良いでしょう。

 

でも、現場経験のないコンサルタントでは、セラピストが大切にする想いがうまく伝わらないと思います。

 

お客様の感じや独特な価値感・・そのニュアンスは同業者でないとわからない部分が沢山あります。

 

私がわかりにくい経営用語を、「サロンなら・・」という言葉にすべて置き換えて、アナタと共に、サロン作りをしていきます。

 

私は、セラピストやアロマ、エステに関わる人を応援する・・それが使命です。

 

 

最後に・・

 

なぜ、皆さんを応援したいのか・・

 

それは私の大きなビジョンに関わります。

 

私はセラピストの地位を上げたいのです。

 

高いお金をかけて資格を取ってセラピストになり、就職を探す生徒さんを沢山見てきました。

ですが、手取り14~15万円からスタートなんて現実。

 

なかなか社員になれない人達も沢山います。

自宅サロンの経営が月10万以下の人も沢山いるでしょう。

 

本来、セラピストの存在意義は大きいはずです。

 

癒やしの手による特別なトリートメント

 

主訴のつらさを和らげる技術・ブレンドテクニック

 

求める人は多いはず。

 

私はセラピストの地位を向上させ、日本の統合医療の一つの選択肢としてアロマセラピーを確固たるものにしたいのです。

 

ヨーロッパでは、個人がマイセラピストをもつのが当たり前です。

 

日本でも、日々の身体のメンテナンスの為に、すべての人がマイセラピストをもつようにしたい。

 

予防医学の一端を担える・・その力がアロマセラピーやエステティックにあるはずです。

 

その為に、セラピストの技術や知識を底上げし、社会全体に認めてもらえる様にしたいのです。

 

Aroma flowと関わることで、その一歩を一緒に踏み出しませんか?

 

私は私に関わるすべてのセラピストを「最強セラピスト」にしたいのです。

 

私はセラピストの皆さんといつも共にいて、一緒に体験し、成長していきたいと思っています。

 

                 佐々木直子 Naoko Sasaki

 

 

 

 

 

 

FOLLOW MEお気軽にフォローしてください